妊娠初期の症状

妊娠初期の症状と対応について

妊娠は、間違いなく女性にとって最も重要なできごとの1つです。妊娠しても最初は実感がわきませんが、次第にさまざまな変化やつわりなどの症状が現れてくると、出産に対する不安と同時に、生まれてくる子供に対する愛情もつのります。

 

特に初めての妊娠の際には、体の変化についてゆけず、不安の方が大きくのしかかってくるように感じられたとしても、決してそれは不思議なことではありません。しかし妊娠したことがわかった人も、結婚して子供を持ちたいと願う人も、妊娠という変化に対して情報や知識はあったにこしたことはありません。妊娠に関するあれこれを、考えてみましょう。

 

妊娠初期の症状にはさまざまなものがありますが、どの場合も精神的な不安や体調不良などを伴って現れることが多いものです。妊娠していると分かるのはおおむね妊娠2ヶ月の始め頃からです。吐き気を感じたり、食欲がなくなったりしてつわりが始まります。つわりには吐きづわり、食べづわりなどがありますが、実際の症状は千差万別だと考えておいた方がよいでしょう。

 

つわりがひどくて通常の食事は見るのも嫌になるような時には無理することはありません。つめたく冷やしたフルーツやゼリーなど、少しでも食べられるようなものを摂っておけば赤ちゃんは育ちます。妊娠や育児の専門書などを呼んでみると、多少は無理しても必要なカロリーや栄養のバランスなどは大切と書かれているものがあります。確かにそうできるのであればその方が良いにこしたことはありません。しかし見るのも作るのも嫌になるものを無理に食べようとすると、今度は精神的な不安が強くなったり、疲れが抜けなくなったりしてしまいます。

 

また妊娠初期は流産の危険性も高いので、ハードな仕事は家族に分担してやってもらって、しばらくは体をいたわることに専念しましょう。もちろん適度運動は出産を楽に乗り越えるためにも必要ですが、気分転換の散歩やペットの犬のお付き合い程度で十分です。

 

妊娠初期で体調が優れない時には、好きな趣味などに没頭することでつわりなどが軽減するように感じられることもあります。どれだけふだん忙しい主婦であっても、妊娠初期だけは自分のペースで過ごしましょう。
参照:妊活とマカ | 妊活サプリ

 

スポンサードリンク